529122

ガリの書斎 掲示板


[トップに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
1/3の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2020/01/03(Fri) 23:33 No.5188

明けましておめでとうございます!
首が長くなりすぎてしまう前にどうにか連載再開したいと思います!
頑張ります、本年もどうぞよろしくお願いいたします (^^)


12/31の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2020/01/01(Wed) 22:57 No.5163

七味とうがらしさん、早いもので年が明けました。新年のご挨拶を申し上げます。
昨年も気象には翻弄されたものですが、加えて自分も個人的に様々なことがありました。特に12月は何故か体調不良の連続で(苦笑)
七味とうがらしさんの『トホホな状況』共々(治るとのことで安心いたしました)、年を境にこの辺りでそれらは打ち止めにしてもらって、お互い今年は快気上昇の一年になることを願っています。
本年もまたよろしくお願いいたします。そして何かと食生活も乱れがちな年始の中、どうぞご自愛くださいませ。


Re: 12/31の拍手返信 - 七味とうがらし 2020/01/02(Thu) 12:59 No.5178


 明けましておめでとうございます、本年もお互い健やかに過ごせるよう祈念しております。

 そういえば例の闖入者はあれ以来姿を見せることはありませんでした、そして今年は子年でしたね。彼らも野生で生きててくれる分には微笑ましい生き物なんですよねえ、接触さえしなければきっと良い隣人なんでしょうが、ままならぬものです(苦笑)

 鼻うがいのわたしなりのコツとしては、体温よりやや高い(40℃くらい)のぬるま湯を1%の生理食塩水にすることで痛みなどはまったく感じませんよ、あと注入する時に息を止めることですね、インフルの予防や花粉症の人にはほんとうにおすすめします、勇気を出して実行してみてはいかがでしょうか。

 注意点としては慣れるまで塩はやや強めにするとよいでしょう、少ないとツーンとしたあの感じになりますので、あとは水温ですね。ちなみに目薬も体温くらいに温めると染みることが少なくなります(刺激があるものは話が別ですが)

 健康は本当に尊いものですよ・・・(遠い目)

 ・・・・・・それではまた参上いたします、大晦日がやたら暖かったのにその後急激に冷え込んだりと未だ気候の乱高下が続いております、お互い体調には注意して本年も乗り切りましょう。


12/11の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/12/12(Thu) 20:54 No.5158

こんばんは、廃人Fさん。またコメントを頂き、しかもとても嬉しいご感想をお送りいただきありがとうございます。面白いの一言だけでも嬉しいというのに、一文一文を拝読し、光栄にほころぶやら恐縮するやらーー誰かのお時間を分けていただいて読んでいただく以上、小説を書くときは常に真剣にやってきたつもりですし、月日を経て読み返せば新たな発見があるお話という目標もありましたから、その成果、その手応えを確かに感じさせていただき、こちらこそ活力を頂きました。実は先々週末にぎっくり腰→先週末に急性胃腸炎というコンボをくらって心身ともに弱っていましたので、廃人Fさんのご感想、沁み入りました。

ニトロの成長ーーそう、彼は本当に成長したと作者ながらに思います。よく創作話などで「キャラが勝手に動く」と言いますが、いつからかニトロも勝手に動き出し、気がついたらあのようになっていた……というところがあります。それはおそらく彼の基本的な性格が基点になりつつも、やはり環境の影響が大なのでしょう。特に芍薬とハラキリの存在がなければニトロが折れずに(例え折れても再び立ち上がり)やってこられなかったのは間違いありません。ニトロと芍薬、ハラキリの距離的な構図に触れていただいて作者としてはにやつきが収まりません(^^)
そして最大の要因、かつ原因のティディア! 廃人Fさんが仰って下さった『世界観を作り出している』とのお言葉はまさにその通りで、彼女はニトロにとって妥当すべき個人でありながら、彼の成長を促進した環境そのものでもあるのですよね。ある意味全て彼女の掌の上……だけどとうとうそこから抜け出さんとし始めたニトロ・ポルカト。……そこで物語が止まってしまったままなのは実に申し訳ないです。我らがクレイジー・プリンセス、彼女こそ「勝手に動く」極致ですので、ニトロだけでなく作者も翻弄されています(苦笑)
でも、ちゃんと書ききります。書ききらないと読んでくださっている方にも、作者自身にも、それからニトロ達にも悪いですからね。

なんだか大変もったいないお誉めの言葉まで頂きました。重ねて御礼申し上げます。本当にありがとうございます。
何より、拙作が廃人Fさんの活力となっているというのはこの上なく幸せなことです。
そして……あまり簡単には言えぬことではありますが、しかし、風向きは変わるものです。お辛くともこのように思いのこもったご感想をお送りくださるのですから、廃人Fさんのお心はきっと良い風を迎えることができる、その用意もできていると拝察いたします。それがなくては例え風向きが好転しても吹き去っていくだけと存じます。こちらもなかなか順風満帆とはいきませんが、お互い踏ん張って参りましょう(*^^*)

それでは今回はこの辺で、失礼いたします。


Re: 12/11の拍手返信 - 廃人F 2019/12/18(Wed) 19:16 No.5159

ぎっくり腰に急性胃腸炎のダブルパンチとは、年の瀬にツイてないですね…くれぐれもご自愛くださいませ。早期の快復をお祈りしております。


キャラが勝手に動き出す、というお話は大好物です。過去に私も小説を書こうと試みたことがありましたが、ついぞ味わえなかった感覚です。楽遊さんがさぞ人物像を作り込まれた結果なのだろうと思います。作者様からキャラへの愛情を感じるところで、思わず笑顔になれますね。
まさに女神の掌の上にいるニトロくん。彼と女神の物語がどのような結末を迎えるのか、楽しみで仕方ありません。
個人的には、恋する乙女なティディアの想いを、ニトロくんが何やかんや面白可笑しく受け止めてくれることを夢見ています。その道は険しく、当事者のニトロくんは溜まったもんじゃあないでしょうが、英雄の誕生を求めずには居られないです。


第4部を読了しました。
珍しくシリアスな展開で、これまでとはまた違った味わいを楽しませてもらいました。
本章におけるニトロくんの成長は特に目覚ましく、ほとんど完成されつつある彼が今後どのような物語を紡いでくれるのか、まるで想像ができず、期待が膨らみます。
ほとんどのweb小説が最終更新から時間が空くとエタる運命にある中、完結に意欲を示していただいているのは、一読者として心強く思います。
意欲を持ち続けるのは簡単なことではないでしょう。心から尊敬いたします。


最後には私信に対してお心遣いまでいただいて恐縮ですが、お陰様で元気をいただきました。作品に感想返しにと、楽遊さんにはお世話になりっぱなしですね。本当にありがとうございます。
人生、酸いも甘いも味わった方が、後で振り返ったときに楽しめるんでしょう。
もう少し頑張ってみることにします。


では、お身体にはお気を付けくださいませ。


Re:Re: 12/11の拍手返信 - 楽遊 2019/12/19(Thu) 19:54 No.5161

廃人Fさん、こんにちは。
お気遣いありがとうございます。お陰様で体調も戻り、美味しくごはんもいただけています。やっぱり健康は大事ですね(笑)

キャラが勝手に動くのは……なんでしょうね、自分も未だに一体どういう条件を満たせばそうなるのかよく分からないでいます。加えて動き方にしても一定ではなく、時に一つのきっかけで考える間もなく次から次へと(例えばニトロとティディアの)掛け合いが展開していくこともあれば、時にここでこのセリフを〜と考える作者に反して「そんなセリフは言わない」とばかりにキャラが違和感を表明してくることもあります。勝手に動いてくれるのはキャラが活きている好ましい状態というのもあるのでしょうが、反面、作者のコントロールを離れている困った状態とも言えそうです。いや、好ましいにしても困るにしても創作する際には面白いのですけどねーーというと親バカならぬ作者バカのような感もありますが(笑) ただ、そのような状態でニトロとティディアの結末は一体どうなるのか、それを作者である自分自身も見たくてたまらず、またとても楽しみであり、かつ何か怖くもあるところです。
……そして、その怖さを伴う楽しみは、完結への意欲を支えるもののなかで一つ大きなものとなっていたりするのです(^^)

さらに、第4部までお読みいただき、ありがとうございます!
この4部がシリアスになったのは、まず第一にミリュウの存在が大きいです。しかも彼女はニトロ達とは逆に“動かない”ものでした。初めの頃は素直に“役”を演じてくれていたのですけどね(苦笑) だけど途中から、ミリュウという人間の大枠の理解は違っていないけど、その中身の本当のところは作者自身が誤解している?ーーと疑念が生じ、物語後半にかけては正体の掴みかねる『ミリュウ』を克服するためにニトロと共闘している状態でした。
廃人Fさんが楽しんでいただけたのなら、その苦闘にめげずに結末まで書き切れたことが報われます。もちろん、当事者のニトロの苦労も(笑)


人生、なかなか思い通りにならないものですが、思えば思い通りになっているときというのは記憶も薄味になっているように感じます。
酸いも過ぎれば味わいというには苦しいものですが、そこを通り抜ければ、通り抜けられたことそのものは甘くもなろうと存じます。
こちらこそ廃人Fさんの拍手コメント、ご感想にはお力を頂いています。改めて御礼申し上げます。
日ごとの寒暖差の激しいこの頃、お互い頑張って参りましょう!


12/3の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/12/03(Tue) 22:12 No.5156

ありがとうございます。そして、本当に申し訳ないです。でも、本当にありがとうございます!


11/30の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/11/30(Sat) 23:27 No.5153

七味とうがらしさん、こんにちは。
本当に急に寒くなりましたね。この前までの大荒天が嘘のように天気が落ち着いたと思いきや、この気温の変化。しかも最高気温の上がり下がりに加えて、寒い日であっても日中は意外に日射しが暖かく、朝晩の冷え込みに服を合わせると汗をかいて体が冷えてしまうという難しさ。実に体にこたえます。

それにしても、今度はクマネズミですか。七味とうがらしさんがレポートして下さったように、近年方々で問題になっているのもあわせてその厄介さは聞き及んでいます。警戒心が強いわりに妙に大胆なところも駆除のしにくさを増している原因でしょうか、七味とうがらしさんの経験値が無効にされるとは、やはり強敵なのですね……(汗)
とにかく、年内に対策が功を奏することを祈っています。やはり衛生的にも精神的にも嫌な相手ですから、新年はスッキリした気持ちで迎えたいものですものね。大丈夫です、これまでのように、きっとうまくいきますよ(^^)

インフルエンザは先月あたりから流行が始まっていたでしょうか。自分は先日予防接種を受け、うがい手洗いなどで対策をしています。周囲にうつすとまずい相手がいるというのもありますが、やはり自分自身がかかりたくないですし(笑)かかっても軽度ですませたいものですから。
七味とうがらしさんも、重々お気をつけくださいね。お互い無事に、師も走る年の瀬を乗り越えましょう。


Re: 11/30の拍手返信 - 七味とうがらし 2019/12/01(Sun) 11:25 No.5154


 こんにちわ、そういえばこっちなら返信できるんですよね。


 廊下の気温計見たら7度ちょいくらいで愕然としましたよ、気温の乱高下はまだあるらしいので要注意です。

 クマネズミは今まで一度も会い見えたことがなく、念のためにと仕掛けていた餌が減ってるのを見て初めて侵入に気づいたという体たらくでした。けれど実はもう『勝って』いるのですよわたしは・・・・・・

 その餌の中に仕込まれたワルファリン系薬剤はしっかりと効いていたようです、姿を確認できたのはそのおかげで、薬の作用でそうとう体力と判断力は落ちていたようです。巷で噂のスーパーラットにはなっていなかったようで、しかし今後が怖いですねえ。

 予防には鼻うがいを推します、市販の鼻うがい用製品(ハナ○ン)を購入して薬剤の代わりにぬるめの生理食塩水で行っていますが慣れればけっこう楽ですよ、勇気を出してお試しあれ。


Re:Re: 11/30の拍手返信 - 楽遊 2019/12/01(Sun) 15:39 No.5155

こんにちは、七味とうがらしさん。
既に『勝って』いたのですね。それなら良かったです(^^)
ただ、噂のスーパーラットの件もありますし、完全に確信を得られるまではご油断なされませんようにお気をつけください。

気温の乱高下は神経にも来ますね。古傷が痛むのもこの時期厄介なものです。
うがいについては、現在はうがい薬を用いて行っています。インフルエンザだけでなく、少し喉が怪しい時にもすぐ回復できているので効果を感じているところです。鼻うがいは、むしろ花粉の時期にこそ試してみたいものです。いや実はそのシーズンには毎年検討してるものですから(笑)


11/26の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/11/26(Tue) 22:46 No.5150

こんにちは、そしてはじめまして。十年を経て拙作をご記憶いただいているだけでなく、なお初めて拍手コメントをお送りいただき本当にありがとうございます! しかもとても嬉しいお言葉をたくさんいただき、大変感激しています。
『ふと口に出たセリフ』ーー『その作品が身体の一部になってるんだなぁ』……これだけでも作者冥利に尽きるものですが、ニトロ達の物語に『生きる活力をもらいました』と仰られ、芍薬達AIへの『愛情を育まれました』と仰っていただけるのは光栄至極にして非常に幸せなことです。自分もふと口をついた言葉や脳裏をよぎるシーンなどを通して、己に深く根づいた作に思いを馳せることがあります。そして改めてその作品を手に取ることも。ありがたいことに拙作も読み直していただけるとのことで、この機会にも再びニトロ達の物語をお楽しみいただければ何より嬉しく存じ上げます。
……しかし、不意に出たセリフがまさか『うをんぱさー』だとは。一体どのようなシチュエーションで口をついたのか気になる気もいたしますが(笑)そのセリフが出てくるときは大抵えらい目にあってるニトロも、それならばえらい目にあった甲斐があるというものです(*^^*)

SAOをはじめ、現在も新たな作品がメディア展開したりとweb発の小説の人気は続いていますね。『ニトロの悲劇もアニメしてくれないかな?』と願っていただけたのは誠にありがたいです。こればかりは自分一人の力でどうすることのできるものではありませんが、いつか何かしら、まとまった形にできればとは思っています。ただ、その前に停止して久しい更新を再始動し、ニトロ達の物語をまとめあげることが第一ですね。こちらに関しては“希望はある”と断言したいと存じます。

応援のお言葉、嬉しいお言葉、本当にありがとうございました。こちらこそ活力をいただき、しみじみと幸せです。重ねて御礼申し上げます。
季節は冬に入りつつ、本格的に寒くなって参りました。こちらも頑張ります。そちらもどうか、お体をお大事になさってくださいませ。


Re: 11/26の拍手返信 - 廃人F 2019/11/28(Thu) 01:55 No.5151

こんばんは、楽遊さん。
早速のお返事をありがとうございます。お返事いただき嬉しく思います。作者の方と直接作品に対する思いを語らえるのはweb小説の良いところですね。


うをんぱさーと口にしたのは、仕事帰りの夜道で、いろいろと感情がふんづまったときに、ぼそりと出ました。思い返すと完全な不審者ですね。
作品の方は、トレイの狂戦士の下りまで読み直しました。私がうをんぱさーを初めて音読したのはこのシーンだったなと思い出しくすりと来ました。
異常な空間の中で唯一異様さに飲まれることなく理性を保ち、トレイの狂戦士に至ったニトロくんは流石ですね。
読み直してみると、昔は気付かなかった丁寧な描写に気付かされ、味わい深いです。


メディア展開に希望はあるとのお言葉、ファンとして心強いです。
本作がもっとたくさんの方の目に留まることを祈っております。


コメントをありがとうございます - 楽遊 2019/11/29(Fri) 17:42 No.5152

廃人Fさん、こんにちは。
拍手からだけでなく、掲示板にもコメントをありがとうございます。

『うをんぱさー』を口になさったのは、そのようなシチュエーションでだったのですね。思えばこの言葉をニトロが口にするときは何かしら感情なりストレスなりが爆発した場面ばかり。廃人Fさんの口に上った瞬間が、その言葉を通じて目で見るように感じられた気がします。
そしてもしそれが廃人Fさんの『ふんづまった』感情を幾ばくかでも発散できたのなら幸いですし、それと同時に、こういうと語弊があるかもしれませんが、その言葉を発するニトロへの何かしら深い部分での共感があったのかと思うとやはり作者として嬉しく思います。

さらに、作品を再読して頂けていることもまた大変嬉しいです!
自分も本を読み返した際、以前には気がつかなかったことに気づくことがあり、その体験がとても好きなものですから、廃人Fさんに拙作でそう感じて頂けるのは本当に幸せなことです。しかも『丁寧な描写』と言っていただけて、当時の自分も報われるというものです(*^^*)

長らく更新が止まっている本作ですが、未だにこうしてお言葉を頂けるのは非常にありがたいことだと折に触れて痛感しています。
ここで感謝を述べるだけでなく、必ず連載を再開して、ニトロ達の物語をまたお楽しみ頂けるよう精進いたしますね。
本当に嬉しいお言葉の数々、改めて御礼申し上げます。


10/31の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/11/01(Fri) 06:44 No.5125

七味とうがらしさん、こんにちは。
台風15号以降に連続した災厄、本当にひどいものでしたね……
自分の生活圏には幸い大きな被害はなかったものの、少し足を伸ばせたところには大きな被害もあり、時に土砂崩れや家屋への被害を目にして災害の怖さを痛感しています。七味とうがらしさんに災いの爪が届かずにいたことは何よりに存じます。ただお互いに無事の一方、未だ渦中にある方々を思えば仰る通りやるせないものですね。
今年は夏の来るのが遅かったように思いますが、反対に寒くなるのが早いように思います。そのくせ思い出したように暑くなって気温の乱高下、たまりません。服装選びも大変ですが、それ以前に体が追いつきません。こちらは何とか体調を崩さぬよう持ちこたえていますが、これからはインフルエンザも活発になってくる時期。七味とうがらしさんも、くれぐれもお体を大事になさって下さいね。

色々あった一年。そろそろ来年の話をしても鬼が笑うこともないでしょう。来年は、本当にとにかく天候の落ち着いた年になってほしいものですね。
ただその前に、お互いに残り二ヶ月の令和元年を元気に過ごして参りましょう(^^)
それでは、今回はこの辺で失礼いたします。


9/28の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/09/29(Sun) 00:49 No.5106

七味とうがらしさん、こんにちは。
朝晩はめっきり涼しくなって、風も秋風に変じたというのに、時折舞い戻ってくる暑気には参りますね。一度ばかりは過ごしやすい日の後に急に暑くなった時に熱中症になりかけました。気をつけてはいたのですが、気温差に体が追いつかなかったようです。幸い熱中症には“なりかけた”で回避できたので良かったですが、台風のような自然災害となると、気をつけて避けられるとはいかないのが本当にひどいところですよね。
15号の被害ーー自分の住むところは暴風円の中にかかっていながら不思議と風が常識的だったのか、それとも疲れていたから風の音にも気づかず寝てしまっていたのか、起きてニュースを見るまでは大したことなかったなと思っていたため、まずは交通機関の乱れにーーその原因に驚いたものでした。しかしその後、時間が経つにつれてどんどん明らかになっていった千葉の被害、そして現在も続く大変な状況にさらに驚き、また日を追うにつれて言葉を失ったものです。同じ台風の通り過ぎた関東圏であまりに違う被害。だからこそ本当に他人事ではありませんし、今回様々に明るみになった問題は、今後様々な形で己にも降りかかっておかしくないと思い知らされるばかりです。
体調も崩しやすい季節、普段は全く姿のなくも常に隣り合わせの自然災害、気をつけても気をつけきれぬものが多くありますが、お互い元気にやっていきましょうね。もう今年は残り三ヶ月しかないと思うと気も急きますが、程好いペースを崩さずに。
それでは、今回はこの辺で失礼いたします(^^)


9/23の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/09/23(Mon) 19:57 No.5105

コメントをお送りいただきありがとうございます!
再度お読みいただきたくなって頂けるのは心底光栄です。重ねて御礼申し上げます。
2019おみくじのSSは、諸事情により復帰が遅れていますが、ネット環境が整いしだいおまけを含めてアップしていこうと思っています。
長々おまたせしていて申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m


9/10の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/09/10(Tue) 19:00 No.5074

こんにちは、本当にまだまだ暑いですね。しばらく落ち着いていた残暑も思い出したように酷くなってぐったりです。
芍薬たちAIの使う機械類も、確かにこう暑いとオーバーヒートするものもあるかもしれません。例えば“アンティーク”のアンドロイドなどは酷暑下ではポンコツになるでしょうし、それを制御しなくてはならないAIもパニックでオーバーヒートしてしまうかもしれず、そうなると人間なら魂が口から漏れだすところAIたちからはプログラムが漏れだしそうです(笑)


8/18の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/08/18(Sun) 19:04 No.5071

こんにちは、七味とうがらしさん。
暦の上では残暑ですが、本当に名ばかり皮ばかり、一枚剥がずとも酷暑真っ盛りじゃないかと体はうんざりしております(苦笑) しかしそれでも風や朝晩の空気の中にはどこか秋が覗いているような気もして、秋の虫の声も聞こえてきて、この異常な暑さの中でも季節は少しずつ確かに移っているようです。
それにしても熱中症になられたとは。どうやら軽度のようであったようなのは幸いです。実際命に関わるものですからね。蓄積型とでもいうようなタイプもあるなんて、普通に外出して歩くだけでも危険とは悪い冗談にしたって酷い話なのに、本当に厄介で怖い病気です。体のために歩きたいのに歩けないというのもまたひどいジレンマですが、何よりお体をお大事に……と、そのためには歩くという運動が必要なのですよねぇ(汗) やはり日の落ちた後か、それとも日の昇りきらない早朝を選んで、水分と適度に塩分を補給しながらという手しかないのでしょうね。熱中症、治ってもなかなかダメージを引きずりやすいと聞きますので、今後もお体をお労りください。
『日本の夏は地球で最も過酷な場所のひとつ』というのは仰る通りに思えます。災害レベルの高温が続くのは、つまり常時災害の中にあるということですもの。こちらも熱中症のみならず夏バテなど、夏特有の体調不良に陥らないよう気をつけます。外出時や運動時にはしっかりとしたクールダウン、肝に命じますよ。お互い、今夏もしっかり生き抜きましょう(^^)


7/20の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/07/20(Sat) 22:55 No.5020

七味とうがらしさん、こんにちは。
京アニの放火殺人事件については、今は惨いとしかいいようのない思いです。犠牲者の無念は推し量ることもできず、被害者はもちろん、ご遺族や関係者のお心を慰める言葉も見つけることができません。
七味とうがらしさんの挙げられたような事は自分も耳にしたことがあります。誰も誰の頭の中を覗くことはできないのに、それすら想像できなくなる妄想。この件はまだ明らかになっていることが少ないので憶断にしかなりませんが、もしそこに起因するものとしたら、それはやはりあまりに惨く、イマジネーションの力で作品を作ってこられた方々に取り返しのつかない害が及んだことは、またあまりに悲しいことです。


さて、確かに七味とうがらしさんがこの前コメントを下さった頃は『寒い』ものでしたね。
それが数日前から急に、まるで夏が夏を思い出したように暑くなって既にうんざりしています。しかもこれでまだ自分の住む地域は梅雨明けしておらず、日照不足なところに急に酷暑の日も差してきて。加えて寝苦しい熱帯夜……体調管理の難易度が高過ぎです(苦笑)
うちの鉢植えはここ最近の天候のせいで成長が鈍化していますが、蔦植物はさすがですね。アンテナにまで絡み付くどころか樹木のごとくになるとは。ーーいや、やつらはそう、樹木のようになるんですよね。ただでさえ繁殖力も生命力も強いのにそこまでなると物理的な除去も難しくなる。厄介すぎるものですが、一方で見習いたいと思う部分もあって……いや、それとこれとは別ですね、やはり早め早めの対処が肝心です。ジャングルのようになってしまったお庭の手入れは大変でしょうが、くれぐれも熱中症にお気をつけて作業をなさってください。お互いに、この夏を無事に乗りきりましょう。

それでは、今回はこの辺で失礼いたします。


7/13の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/07/13(Sat) 23:54 No.5019

七味とうがらしさん、こんにちは。
まずは何より、無事に七味とうがらしさんの視力が両目ともに戻りましたこと、本当に良かったです。いやー、それはもうDI○様にもなりますとも(笑) 四年ぶりですか……それだけの期間を病を得た片目でお過ごしになられた後に、治療を経て両目で眺められた世界のもたらした感動はまさに実に大きかったことでしょう。七味とうがらしさんのお言葉を読むにその衝撃が直接伝わってくるようです。ええ、そりゃあもうDIO様にもなりますとも!
将来的な不具合ーーと言っていいのか微妙ですが、とはいえそれも一日の治療で済むのでしたら安心ですね。いや、今はともかく、再び手に入れた鮮やかな世界を心ゆくまでご堪能下さい。改めて、七味とうがらしさんの両目の回復を心よりお喜び申し上げます。本当に、本当に良かったです(^^)

それにしてもこの頃の気候には参ります。涼しいどころか肌寒い、七月にもなって覚える気温とは思えぬ日もあり既に体は大混乱を引き起こしているようにも感じます。なのに梅雨明け後には一気に暑くなるとの報もあり、それに備えるためにも今から調子を整えていかねばなりませんね。
七味とうがらしさんもくれぐれもご自愛下さい。
お互いに健康に日々を過ごして参りましょう!


6/27の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/06/27(Thu) 22:58 No.5018

〉ハラキリの家の廊下は「うぐいすばり」でしょうか?

はい、「うぐいすばり」です。
しかし色々間違った情報&推測を元にしているので、偽物かつ珍妙な“うぐいすばり”になっています(^^)


6/26の拍手返信 投稿者:楽遊 投稿日:2019/06/26(Wed) 23:56 No.5016

〉こんにちは ふと思ったのですが ニトロ君お母さんのお腹にいるころから気持ち的には「つっこみ」をしていたのでは と・・ (妊娠出産に関しては現代日本と同じかんかくでいいのでしょうか?)

こんにちは! 拙作をお読みいただき、またこうしてコメントを下さり、本当にありがとうございます(*^^*)
言われてみれば、ニトロは母のお腹にいるときはどんな感じだったんでしょうねえ。両親の会話が胎教のようになって、ある種のツッコミ英才教育になっていたのか(笑) それとも、例えばハラキリはニトロの「ツッコミ」を後天性と思っていますので、今とは逆に赤ん坊の頃までは両親と同じく「ボケ」寄りだったのかもしれません。それでも早いうちからツッコミの芽が育っていたには違いないはずですから、もしかしたら両親が何かボケた瞬間、良いタイミングで胎動をしていたかもしれませんね(^^)

妊娠出産に関しては、医学的な方法も様々にありますが、アデムメデスでは基本的に現代日本とほぼ同じ感覚です。ただ、妊娠出産に伴う危険や苦痛は現在よりずっと少なくなっています(少なくすることができます)。


〉「ロイヤルパフェ」・・ ニトロの住んでいるところでの「ロイヤルパフェ」・・ どんなパフェ?

ロイヤルです、そりゃもうロイヤルです!
ーー補足しますと、アデムメデスでのロイヤルパフェには二通りの意味合いがあって、一つは「そのお店の最上級のパフェ」です。もし日本のファミレスで出すなら1500円以上のレベルです。
もう一つは「まさに超最高なパフェ」です。一個何千円、一粒何百円といったフルーツや、特注のチョコレート、希少なエディブルフラワーや宝石にしか見えない菓子などを使った目の飛び出るような値段のパフェです。ただ高いだけでなく、何代か前に食にうるさい王様を黙らせたもので、まさにパーフェクト。
ミーシャが食べたのは前者ですが、それでもたいへんに美味です(^^)d


〉う〜ん・・ ニトロとテディア テディアとニトロ 二人の未来はどうなるのか? パラレルワールド の設定を持ってくると大変なことになりそう・・(面白そう)

ニトロとティディアの未来!……本当にどうなるのでしょう。あの二人、いつの間にやら思わぬ動きをするようになってその未来をなかなか作者にも見せてくれません(苦笑)
しかし少しずつ見せてくれ始めたので、できるだけ早く、必ずそれをお届けいたしますね。もう少々お待ちくださいませ。

そして、パラレルワールドの設定を持ってきますとねー、きっとニトロと作者が発狂します(笑) ええ、何故ですかね? どんなパラレルワールドでも何故かニトロが『被害』を受けない世界が見えないのです(大笑)
それでも二人は二人それぞれ明るい未来を求めるでしょうから、今後もお付き合い頂ければ幸いです。
改めて、コメントをお送り頂き感謝いたします(^^ノシ


Page: | 1 | 2 |

処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -